子供 アレルギー体質 改善

子供のアレルギー体質を改善したい!薬に頼らない方法はある?

 

子供のアレルギー体質を改善したい!
子供のアレルギー検査で、ダニ・ハウスダスト・スギなど、
たくさんの項目で陽性反応が出て、参っている。

 

アレルギー性鼻炎・結膜炎・喘息・アトピーなどの症状があり
子供を見ているのが辛い。

 

そんな風に悩んでいる親御さんは多いかもしれません。

 

また、アレルギー体質には、産まれてからなる子供もいますが、
遺伝する場合もあり「私の遺伝が移ってゴメン」と
申し訳なく思っている親御さんも多いようです。

 

アレルギーの症状は、
現代の医学でも根本的な治療法がないため、
病院では症状に対して行う対症療法がほとんどです。

 

抗アレルギー剤やステロイド、抗生物質をもらい、
使用すると症状は良くなるが、
また同じ症状が出てしまう方も多いです。

 

そのため、アレルギーの症状を根本から治すには、
アレルギー体質を改善する必要があります。

 

 

 

子供のアレルギー体質を改善する方法

 

子供のアレルギー体質を改善するには、
体の状態を整えることが大切です。

 

最近では、

 

【1】自律神経のバランスを整える
【2】腸内環境を整える

 

方法が大切だと言われています。

 

 

 

【1】自律神経のバランスを整える

 

自律神経とは、大まかに書くと、
体が環境に合わせて自動的に働く機能のことを言います。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、
この2つがバランスよく働いているのが、ベストな状態です。

 

しかし、アレルギー体質の方は、
副交感神経が過剰に働いていると言われています。

 

本来、無害である物質に対して、
過剰に反応してしまうのがアレルギー症状なので、
自律神経をバランスを整えてあげる必要があります。

 

自律神経を整えるには、有酸素運動がオススメです。

 

有酸素運動には、ウォーキング・ジョキング・水泳などがあり、
簡単に言うと、息を切らさない運動が当てはまります。

 

有酸素運動をすると、体を動かすので交感神経が働きますが、
同時に副交感神経も働くため、自律神経を整えることができます。

 

これが、ランニングや短距離走などの無酸素運動をすると、
交感神経ばかりが働いてしまい、バランスが悪くなってしまいます。

 

そのため、ジョギングや水泳を行う際は、
息が切れる段階までペースを上げてしまうと
無酸素運動になるので、注意してください。

 

 

 

 

【2】腸内環境を整える

 

アレルギーについては、まだ分かっていないことも多いですが、
仮説で有力だと言われているのが、Th細胞のバランスです。

 

Th細胞とは、簡単に書くと、
免疫の情報を伝える細胞のことです。

 

先ほども少し書きましたが、アレルギー症状がでるのは、
アレルギーの元になる物質に過剰に体が反応するためです。

 

Th細胞には、Th1とTh2があり、
Th2がアレルギーに対する抗体を作るよう伝達するのですが、
過剰に抗体を作ってしまうため、症状が出るとされています。

 

そして、アレルギー体質の方は、Th2が多いようです。

 

なので、Th細胞のバランスを整えてあげるといいようですが、
それに関係してくると言われているのが、腸内環境です。

 

腸内環境を整えると、Th細胞も整うと言われています。

 

「整える、整える」とたくさん書いているので、
分かりづらいかもしれませんね(^^;)

 

つまりは、腸内環境を整えると良いです。

 

 

腸内環境を整えるには、善玉菌を増やす必要があります。

 

善玉菌には、乳酸菌やビフィズス菌があるので、
これらを多く含む食べ物を食べるのが効果的です。

 

乳酸菌・ビフィズス菌を同時に摂ることができる食べ物には、
ヨーグルトがあります。

 

乳酸菌は、味噌などの発酵食品などにもありますが、
ビフィズス菌は生き物の腸内にしかいないので、
ビフィズス菌を加えた食品を食べる必要があります。

 

ビフィズス菌を加えた食品で多いのがヨーグルトになるので、
ヨーグルトを食べると、一石二鳥です。

 

ヨーグルトの効果的な食べ方ですが、
複数のヨーグルトを食べることです。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、各メーカーによって違います。

 

また、人間がもともと持っている乳酸菌の数や種類は
人によって異なるため、自分に合った乳酸菌や、
足りない乳酸菌を見つける必要があります。

 

なので、商品の違うヨーグルトを2個、
朝晩に分けて食べていくのが良いかもしれません。

 

 

 

 

アレルギー体質を改善する働きが期待できる乳酸菌

 

乳酸菌の種類の中には、
アレルギー体質を改善する働きが期待できる
乳酸菌があります。

 

それは、L-92乳酸菌です。

 

L-92乳酸菌は、カルピス社が
カルピスの研究の中で見つけた独自の乳酸菌です。

 

アレルギーに良い乳酸菌は他にもあるのですが、
L-92乳酸菌は、いろいろな試験で結果が出ている
珍しい乳酸菌です。

 

L-92乳酸菌は、食べ物の中から見つかっていない乳酸菌なので、
カルピス社が出しているアレルケアというサプリメントか、
守る働く乳酸菌という飲み物から摂取することになります。

 

体質改善をするには、3か月ぐらいが最低でも必要になるので、
アレルケアで摂取していくのがオススメです。

 

守る働く乳酸菌と比べると、1日あたりの金額が安いです。

 

また、守る働く乳酸菌には甘味料が使われているので、
アレルケアと比べると、継続することで太りやすくなります。

 

「でも、子供はサプリが長続きしないのでは?」と
疑問に思うかもしれませんが、アレルケアには
アレルケアこども用があるので安心です。

 

アレルケアこども用には、ぶどうとヨーグルト味があり、
サプリなのに舐めたり噛んだりしてもいい、
水なしで大丈夫なサプリです。

 

なので口コミでは、
ラムネ菓子感覚で食べているお子さんが多く、
長続きしているようです。

 

アレルギー体質のお子さんをもつ、
親御さんからの評判も良いようですね。

 

アレルケアこども用の詳しい情報は、
公式サイトをご覧ください。