寒暖差アレルギー

気温差が原因に!?寒暖差アレルギーとはいったい何?

 

夏なのに風邪のように、鼻水やくしゃみが出たり、
咳が続いてしまうお子さんがいます。

 

「夏風邪?」とも思ってしまいますが、
実は風邪ではないことも多いそうです。

 

風邪と違って、咳が2週間以上続いたり、
頭痛やイライラなどもある場合は、
寒暖差アレルギーだと言えそうです。

 

寒暖差アレルギーとは、
急激な温度差によって起こる症状のことです。

 

アレルギーと名前についているものの、
鼻炎や花粉症などアレルギー性の症状とは異なり、
アレルギーの元になるアレルゲンがないのが特徴です。

 

「アレルゲンがないのなら、防ぐことができないのでは?」と
考えてしまうかもしれませんが、安心してください、
予防&対処法があります。

 

そこで、寒暖差アレルギーについてまとめましたので、
参考にしてみてください。

 

 

 

寒暖差アレルギーの症状

 

先ほど、寒暖差アレルギーの簡単な症状を書きましたが、
他にも、次のような症状があります。

 

・粘り気のない透明なサラサラした鼻水が出る
・原因不明の咳が長く続く
・鼻づまりが続いていてスッキリしない
・頭痛
・倦怠感やイライラがある

 

 

症状だけ見ると、風邪にも思いますが、
咳が長く続くやイライラなど、風邪と異なる部分もあるので、
そういった症状から寒暖差アレルギーだと判断できそうです。

 

 

 

寒暖差アレルギーが起きやすい状況

 

寒暖差アレルギーは、気温差が大きい時に、
体温を調節する自律神経の機能が追い付かなくなることで
症状が現れると言われています。

 

具体的に症状が出やすい温度差としては、
7度以上だと考えられているので、
1つの基準になるかもしれません。

 

夏場だと、クーラーの効いた部屋から
暑い屋外に出た時に起こりやすく、
冬も部屋と外気の温度差で起こりやすいです。

 

また体験されている方も多いかもしれませんが、
寒い日に熱いラーメンなどを食べると、
鼻水がタラリとなることも同じ現象のようです。

 

寒暖差アレルギーのことを医学的には血管運動性鼻炎と言われていて、
気温差・温度差によって、鼻の奥の血管が、
ゆるんだり、縮んだりして鼻水がでます。

 

 

 

寒暖差アレルギーの予防法&対処法

 

寒暖差アレルギーにならないようにするには、
温度差に気を付けることです。

 

冷房の効いた部屋から外に出る時は、
体温の変化を考えて、1枚羽織ったり、
マスクをして調節するといいです。

 

また、自律神経が乱れてしまうのが原因なので、
腸内環境にも注意すると良いです。

 

自律神経と腸内環境は関係がないように思いますが、
自律神経が乱れると腸内環境が乱れ、
腸内環境が乱れると自律神経が乱れてしまいます。

 

なので、便秘や下痢、
免疫力が下がって風邪をひきやすいなどの場合は
腸内環境が乱れているので注意です。

 

腸内環境を整えるには、
ヨーグルトなどから乳酸菌を摂るようにするのがオススメです。
手軽にできるので、継続させやすいです。

 

 

 

 

まとめ

 

子供は筋肉が少ないので、
寒暖差アレルギーになりやすいと言われています。

 

筋肉があることで、体の熱を作ることが出来るのですが、
ないと熱が作れないので、体温が低くなってしまいます。

 

そのため、子供の場合は、
冷たい飲み物で体を冷やさないなどの工夫が必要です。