黄砂 アレルギー

春のアレルギー症状は花粉以外にも!?黄砂アレルギーにご注意!

 

春になるとスギ花粉による花粉症が心配になりますが、
それ以外にもアレルギー症状が出るものがあります。

 

それは、黄砂です。

 

黄砂とは、中国のタクラマカン砂漠などから
偏西風に乗って運ばれてくる砂やチリのことです。

 

砂がアレルギーにどう関係してくるのかというと、
黄砂は粒の大きさが直径0.1mm以下と小さいため、
気道に入ると刺激になり咳などの症状が出てしまいます。

 

気道以外にも目に入れば痒みが出たり、
鼻に入ると鼻水やくしゃみなどが現れるので、
アレルギー症状と同様の症状が現れます。

 

そのため、今あるアレルギー症状を悪化させることがあります。

 

そこで、黄砂アレルギーの予防や対処法などについて、
まとめましたので参考にしてみてください。

 

 

 

黄砂アレルギーの予防&対処法

 

黄砂がたくさん飛来時期は、花粉症と同じく3〜5月ごろで、
4月がピークだと言われています。

 

気象庁のHPでは、黄砂の濃度などの情報を
毎日更新していますので、気になる方は
チェックしてみるといいかもしれません。

 

【気象庁・黄砂情報(予測図)】

 

 

 

 

黄砂アレルギーの予防や対処法は、花粉症と変わらないので、
黄砂アレルギーの対策が花粉症対策にもなります。

 

具体的な方法としては、

 

・マスクやメガネなどを着用する
・黄砂の多い日は外出を控える
・帰宅時は、家に入る前に洋服をはたき、
部屋に黄砂を侵入させないようにする
・帰宅後はできるだけ早くお風呂に入り、
体についた黄砂を洗い流す
・黄砂の多い日は洗濯物は室内に干す

 

などです。

 

黄砂の時期になると、テレビの天気予報でも
黄砂情報を見ることができるので、
毎日チェックするようにしてみましょう。

 

 

 

まとめ

 

黄砂と一緒にPM2.5などの有害物質も飛んでくることも多いので、
長い期間、子供の体調がすぐれない場合は、
病院に連れていくようにしてあげましょう。